印鑑をつくろう

印鑑

選び方と作り方

開運印鑑とは、九星・五行・方位をもとに運気を調べ、九星学や方位学などあらゆる要素を取り入れて、一人一人の運気に合った材質・書体・彫刻で作成する印鑑のことです。開運印鑑の作成には「店舗で作成」と「通信販売で作成」があります。「店舗で作成」した場合、ご自身の運気やそこから作成される開運印鑑について、詳細に診断して貰った上で、詳しく質問をしながら作成することが出来るため、最適な印鑑をプロに任せて作成したい方は「店舗で作成」をするのが良いでしょう。「通信販売で作成」の場合、ご自身で運気に合った印材や字体を選ぶ必要がありますが、簡単に注文することが出来ます。手軽に作成した方や初めて作成される方は通信販売を利用するのも良いでしょう。開運印鑑の作成は、それぞれの運気を元に行うため、ご自身の情報を元に最適な印鑑がどれなのかを知る必要があります。一般的な開運印鑑の作成要素は、以下の3点です。1.印材学古くからある印材では「水牛」、「象牙」、「つげ」が開運印材と言われています。2.名前との調和姓名判断を行い、画数の修正などを行い開運につながる印鑑を作成します。3.印相八方位との接点印相八方位とは、八つの運勢を表す円形の方位図で、生年月日を元に九星気学の本命星を知ることが出来ます。ご自身の本命星に合わせ、適切な印鑑を作成するのが吉とされています。これらの要素を加味して作成をすることで、ご自身の運勢と相性の良い開運印鑑を作成することが出来ます。